県立座間総合高等学校長

 

平 成 26 年 度 学 校 目 標 

 

学校目標

取   組   み   の   内   容

具 体 的 な 手 立 て

評価の観点

総合学科高校としての特色を生かした教育活動を推進する

・総合学科の特性を活かし、生徒一人ひとりの状況や進路希望等に対応できるカリキュラムを整備し、一人ひとりに対するガイダンス・履修指導を充実させる。

・授業や行事、また伝統・文化教育実践活動等を通して、国際のみならず民際を意識したグローバル人材の育成を図る。

・総合学科の特性を活かし、生徒一人ひとりに対応する十分なガイダンス・履修指導が行えたか

・国際および民際の取組が活性化したか

基本的な生活習慣の確立を図り、社会の一員として求められる能力の育成を図る

・社会人にふさわしいマナーやモラルを持ち、基本的な生活習慣や自律的な生活態度を身につけ、思いやりの気持ちを持って行動する生徒の育成を目指す。

・教育相談体制を充実させ、誰もが健やかに安心して高校生活を送ることができる支援体制を構築する。在県枠入学生の支援体制を充実させる。

・交通安全の意識、ネットルールの遵守等、生徒の行動は変容したか

・相談体制を構築できたか

・在県枠生の支援体制を整えたか

生徒の自主的学習態度を育成し、「確かな学力」を定着させる授業づくりを進める

・組織的な授業改善研究に取り組み、指導と評価の一体化を進め、生徒の自主的・意欲的学習態度を引き出す工夫をし、生徒が自ら学ぶ姿勢を育む。進路希望の実現を可能にする授業の構築を図る。

・学校全体で取り組む組織的な授業改善研修を実施したか、履修指導は充実したか

・意欲的なチャレンジをする生徒が増えたか

外部の教育力を活用しながら、本校独自のキャリア教育を推進し、生徒に適切な進路決定を促す

・入学から卒業まで一貫した本校独自のキャリアプログラムの検討・整備を進める。

・進路意欲を高め適切な進路決定を促すため、外部の機関と連携して社会体験や職業体験、上級学校への体験入学等の取組を充実させる。

・本校独自のキャリアプログラムを進め、一人ひとりのキャリアガイダンスが充実したか

・生徒の社会体験、上級学校体験等の充実を図れたか

生徒会活動や部活動をより一層活性化させるとともに、地域等における活動への参加を通し、生徒の自主性の育成を図る

・部活動の活性化を図り、生徒の高校生活に対する充実感を高めるとともに、各種特別活動等の自主的な運営を通して、コミュニケーション能力、課題解決能力の獲得を促す。

・地域や地域施設等におけるボランティア活動への参加を促し、生徒の積極的な社会参加を支援し、その活動を通して自主的な活動への意欲を育成する。

・部活動加入率、継続率が増したか。

・生徒のボランティア等の取組が活性化したか

生徒の命を守る防災体制を築き職員の事故不祥事を防ぐ、

・地域と協働した防災避難計画の立案と避難訓練を実施する。

・成績処理に関する事故を防ぐ。公費、私費の執行の透明化をはかり、風通しのよい職場作りを推進する。

 

・地域と協働した災害時の対策はできたか

・成績処理の事故が0であったか

・予算に係る事故が0だったか

 

教育目標・教育方針・中長期的な方針など

(教育理念)「智・徳・体」 ものごとの道理を知り、正しい判断を下す能力の育成・精神的、道徳的に優れた品性・人格の形成、健全に育まれた身体の育成

(教育目標)「向学心に富み、感性豊かに自立し、国際社会に寄与する人材の育成」  

生徒が、勉学に勤しみ、人権感覚を磨きつつ協働意識を向上させ、自立した社会人として国際社会で活躍できる人材に育つことを目標とする。